人気ブログランキング |

カテゴリ:3軸ジャイロ( 23 )

飛行初め2013

a0141004_20481773.jpg

a0141004_20482855.jpg

2013年1月3日 本年初飛行に行きました。予報より風が強く寒かったが頑張って飛ばしました。
鶴羽2号に積んだジャイロテストには絶好の日和だったようです。
前回はエルロンのハンチングが激しくジャイロの感度を上げられず
NGだった同じジャイロを使用してニューポール28はOKで鶴羽2号はNG!
両機の違いは機体サイズ、エンジンの違いもあるがエルロン構造の違いが大きい。
鶴羽2号が翼弦の大きい4枚エルロンでヒンジ後方の重量が大きい。
普通に飛行してフラッターは起きていないがジャイロを使うと激しいハンチングを起こす。
それで対策として下翼エルロンの翼端に平衡錘を付けた。
錘の量はサーボのリンケージを外してエルロン後端が下がらず平衡になる量で
「ウッ!軽量に徹して作ったエルロンがこんなに。。重いのか」でした。
本当は4個のエルロンの前縁全体にマスバランス錘を取り付けるのが良いが
今回は下翼エルロンの翼端にだけ取り付けた。
サーボはハイスピードデジタルサーボを使用した。ジャイロは各種用意した。
そうして臨んだ今回の飛行でしたがジャイロ感度を最大に上げても
僅かにハンチングする程度で、そのまま飛行してOKでした。
昔の飛行機にはジャイロなど無しでしたし1/4サイズのRCスケール機に
ジャイロが必要か?判らないが強風時に操縦が楽になるのは確かのようです。

a0141004_2049254.jpg


おおはし

by arukas7 | 2013-01-04 23:55 | 3軸ジャイロ | Comments(0)

ジャイロの相性

a0141004_22463854.jpg

今日は寒さ覚悟で電動モランソルニエ、タンデムツイン・アルキャット
鶴羽2号の3機持参で近広飛行場に出かけましたが
無風で暑いくらいの絶好の日和でした。

モラン・ソルニエは電池を3C Lipoから4C Lipoに変更、
プロペラを小さくして回転をあげパワーアップして飛ばしました。
でかスピンナーの風きり音が大きくなりましたが余裕の飛行性能になりました。

鶴羽2号は日曜日、強風のなかをジャイロ搭載で飛ばしましたが
相性が悪くエルロンがガチャ付いたのでジャイロ無しで飛ばしました。
サイズが大きくパワ-もあるのでジャイロは不要でした。

今日もう一度ニューポール28に搭載して感度最大で好調だったジャイロを
鶴羽2号に載せ換えてジャイロの相性テストをしたがNGでした。
両機の違いはエンジンの大きさが3倍でエルロン翼弦も大きく
マスバランスが異なる。サーボはデジタル高速を使用。。。などでしたが
エルロンがガチャ付いて感度が上げられずNGでした。

タンデムツイン・アルキャットは前回と同じメーカーで
型番が違うジャイロのテストをしたところジャイロの方向が逆だったので
リバーススイッチで修整して飛ばしたところエルロンが逆で墜落破損!
帰宅後、調べたらジャイロリバーススイッチを切換えると
エルロンサーボの回転方向も逆になり
エルロンサーボもリバースにする必要があったのです。
こんなことは今まで無かったように思うのですが???
飛行機の安全のために使用するパーツですが
アルカスには、どうにも相性が悪いようです。
少々の風は指先でコントロールするほうがいいのかなぁ。。。。

a0141004_2247426.jpg


by arukas7 | 2012-12-19 22:28 | 3軸ジャイロ | Comments(0)

秘密兵器搭載アルカスニューポール28

a0141004_7162489.jpg

大本営発表!
2012-12-09ナリタMRC上空ハ晴天ナレドモ強風吹荒レ利根川ノ波高シ
アルカスニューポール28ハ秘密兵器ヲ搭載シテ寒風吹荒レル中を敢然ト飛行セリ。。。。

一説では旧型ジャイロと、もらい物のデジタルサーボを搭載しただけとかジャイロ恐るべし

a0141004_7192332.jpg


おおはし
























by arukas7 | 2012-12-12 06:59 | 3軸ジャイロ | Comments(0)