人気ブログランキング |

ニューポール28の修復

N-28 10年目の修復作業
a0141004_13533497.jpg


飛び続けて10年目のN-28
a0141004_13545076.jpg


6月19日(日曜日)ナリタMRCにて新規製作のニューポール11とニューポール28を飛ばしました。
南の強風の中でN-11はオーバーヒートで不調でしたが
N-28はまずまずで無事飛行しましたがエンジンカウリングが外れそうになりました。
帰宅して点検すると、だいぶひどい痛み様です。う~ん 引退か修復か・・・
かなりぐちゃぐちゃです。直す気力が湧かず、いったん壁面に係留しました。 

昨日(6/22)かかりつけの病院へ、ヒコウキではなく本人の修復が先です。
先週、T医大で検査した胸部CTスキャンの結果が異常なし!!!・・・。。。・・・
何度も覚悟をしたが・・・もう少しヒコーキ遊びができる?・・・
急には喜ばないぞ・・・とはいっても、なんだか気力が少し出てきたようで

あと数日で11年目に入るニューポール28をボツにはできない・・・修復することに

2006年7月に製作したときは電動機でスタート、次にエンジン機FA-56に改造
ガソリンエンジンG-200、FG-14、FA-120R3、現在はFS-91で飛ばしています。
飛び続けて10年そして11年目に向かいます。

アルカス・おおはし











by arukas7 | 2016-06-23 13:55 | 修復 | Comments(0)
<< N-28修復完了 難航するN-11 >>