人気ブログランキング |

N-17 3軸ジャイロのテスト

a0141004_1483282.jpg

a0141004_1485410.jpg

先日プロペラ忘れで出来なかった3軸ジャイロのテストに行きました。
近広は風神の支配下にありました。
ジャイロのテストには、おあつらえ向きの天気ですが
万一のアクシデントで起こる周辺への迷惑を考えて
動作確認だけで飛行は自粛しました。フライトは後日、MRCで行います。

鶴羽2号で好結果だったマスバランスをN-17にも取り付けたが
ホーンの形状、長さの相違でエンジンの共振が出たので取外したが
鶴羽2号の4枚エルロンに対しN-17は2枚でシンプルなので
取外してもハンチングは生じないようだ。

a0141004_149524.jpg
a0141004_14101055.jpg







おおはし

by arukas7 | 2013-01-25 14:12 | 3軸ジャイロ | Comments(2)
Commented by arukas7 at 2013-01-28 08:49
近場飛行場の柿沼です。 GYA351の固定方法ですが、ジャイロの側面のみの固定でしょうか。 側面1辺だけの固定ですと、スポンジテープが機体振動を吸収しきれず、ジャイロ感度を大幅に落としての運用になるかと思います。 最低でもL字の固定台座を作り、ジャイロの底面と側面の2辺での 固定でないと、本来のジャイロ性能を発揮できないと思います。 私のスパン2mのパイパーポウニーは同じジャイロで感度85%です。 ただし、隣のGYA352の側面を利用した取り付けは絶対にいけません。スポンジテープで固定されているGYA352の揺れをGYA351が拾ってしまい、ハンチングが発生します。
Commented by arukasu ohasi at 2013-01-28 17:04 x
柿沼さんご無沙汰です コメント有難うございます!!
ラジギ12月号にフタバのOさん流セッティングが紹介されていました
GYA431、430がゴムブロックに3個取り付けてあります
電動機で振動が少ないのと最新の超小型ジャイロで重量が小さいのでそれでよいのかも知れませんね

私のN-17にはGYA-351と352を重心位置に搭載していますが複葉機ですので主翼下で
アクセスがし難いので50×70mm3ミリベニア板台座に取り付け板台ごと外して機外に出して
設定できるようにしております SWやトリマーは老眼鏡をかけても見えません寒い屋外では
辛い作業です GYA-351と352写真では重なって見えますが5mm離れています
現在感度は80%です サーボがデジタルDS-811普及型で効きは少し鈍いようです
G26ガソリンエンジンで振動は大きいです フローティングで振動を少なくするのも
共振が出ると激しくバイブレーションが出て難しいです

N-28はグローエンジンでGYA350と430他を3個 S9450サーボで感度80%です
<< ニューポール28&17 3軸... 電動カプロニーCa-3と3軸ジ... >>