人気ブログランキング |

3軸ジャイロテスト

a0141004_2131122.jpg

今日は爆弾低気圧の、お土産の雪が少し残るMRCにて
3軸ジャイロテストをしました。
最初にニューポール28、先日エルロンにGYA350他、
1軸にジャイロ搭載してのフライトは済んでおりますが
今日はエレベータとラダーにも追加して3軸ジャイロでのフライトテストです。
最初は感度を下げてフライトOKで
次に感度ほぼ最大90%に上げて順調にフライト出来ました。
利根川畔のMRC飛行場は遠く筑波山が望める広大な空域で
今の季節は風が少々吹いても乱れは無くジャイロの恩恵は感じられなかった。

午後からガソリンエンジン搭載のニューポール17に
GYA351+GYA352を3軸に使用してテストに臨んだ。
ジャイロ無しのフライトは先日終了しています。
エンジンは1発で始動、快調です。ジャイロの初期化などをして
飛行に移ろうとしたがエンジンのスロットル操作をしていないのに
スロットルサーボが勝手に動いて回転が上下している。
前回は何の異常も無かったのに?
これでは飛ばせないのでエンジンを止めカウリングを外して点検した。
重心位置、スロットルレバーの取り回しなどの関係で
エンジンルームに取り付けてあるサーボが振動で不良になったものと
思われサーボを交換して後日に又、テストをすることにしたが
念のためにジャイロの接続を外してエンジンを回してみたら
サーボは異常なく作動した。サーボ配線がジャイロの側を通り
受信機に接続してあり3個のジャイロのピエゾ素子からの
パルスノイズでサーボがガチャついていたことが判明した。
サーボの配線を変えるかサーボ搭載位置を受信機の近くに変更する必要がある。
飛行しないで良かった。文明の利器を使いこなすのは難しい。。。。

a0141004_21315875.jpg

a0141004_21321723.jpg



おおはし

by arukas7 | 2013-01-20 21:33 | 3軸ジャイロ | Comments(0)
<< 気になる飛行機 ANTOINETTE-レーサー >>