六助3号 パワープラン

a0141004_20321460.jpg

a0141004_2032544.jpg

今日(8/30)は終日、前翼の各モーターのパワーと電流を計測してESCの容量以内か確認しました。
4個のうち1個を30Aを45Aに交換、電池からの配線を2本並列にし、その他全てをやり直しました。
狭いモーター室内に、ぎっしり詰め込んで配線を固定するのは非常に面倒な作業でした。
それから電池を繋ぎパワーの計測をしました。
計測中に用紙がプロペラに吸い込まれ破れて飛びました。
プロペラを色々、交換して各個合計パワー1,000wを少し下回り、じゃ~ん900w
使用電池の内部抵抗により、かなり変動があるようです。ホビキンの電池はまだ未使用です。
3S 8,000mAhは流石にでかい!テールヘビィに効きそうです。

後翼はモーター交換のみで配線は未だです。

日曜日に使った3S 4,500mAh電池が行方不明で昨日から探していたが
車のトランク下の道具入れハンマーの所に落ち込んでいるのを発見!やっと気分が晴れました。

モーターは交換してパワーアップしました。ESC、配線の太さも変更の必要があります。
前翼搭載分は問題ないが後翼のユニットが問題です。
大きくしたESCを翼内装備にすれば組立ては容易になるが重量が。。。
ESCを重心位置に搭載するとモーターまで12本の配線と接続がややこしい。。。
ESCを結線したまま、べろ~んと後翼から艇体の中に通しても良いが
艇体上面に這わせて重心位置のハッチに挿入、電源コネクタで繋ぐのが簡単そうに思える。。。
う~ん どうしようかな。

a0141004_2033824.jpg

おおはし

[PR]
by arukas7 | 2011-08-31 00:48 | Ca60 | Comments(0)
<< 六助3号 後翼の動力変更作業その他 六助3号 六発仕様でフライト成功 >>