写真の話 人工着色写真

人工着色写真で稼いでいたことがあります。
昭和20年初頭の写真はハイカラ趣味でカメラを持っている人は少なかった。

兄が兵隊から戻り戦前から保存していたカメラやフィルムを元に写真のバイトを始めました。
弟の私は絵が得意技でしたので人物の記念モノクロ写真に染料で着色して
イミテーションカラー写真をでっち上げ結構喜ばれ小遣いを稼いでいたことがありました。

巷にはテクニカラーの西部劇映画が上映されておりました。
テクニカラー、、、あれは3色フィルターで3本のモノクロフィルムにとりわけ
それを1本のフィルムに画像がずれないように染色転写すると言う
壮大な仕掛けで製作されていたのですね。
イーストマンカラーのカラーフィルムが使用されるようになる以前のことです。

其の後、上京して印刷の仕事に就き、まさか人工着色の絵葉書を
手懸けるようになるとは思いもよりませんでした。
まるで絵葉書のような、、、は綺麗だの他に俗悪で安っぽいという意味にも使われましたが、
製作している人間は大真面目で職人技が発揮できる厳しいが楽しい仕事でした。
モノクロの名所の風景写真を4枚の銅版上でエッチング液で足したり引いたりして
カラーに、でっち上げる快感は、わかるかな~

オホハシ

[PR]
# by arukas7 | 2004-09-12 14:33 | 写真 | Comments(0)

写真の話 セピア色

a0141004_1431253.jpga0141004_14311839.jpga0141004_14313495.jpg


セピア色と言えば映画雑誌のグラビア頁ですよね。
グラビアと言うのは本来の意味は印刷方式の凹版の写真版で
オフセットは平版で原色版は凸版のカラー網版です。
凸版はかって印刷の本命王者で社名に凸版○○KKやM原色版○○KKと謳ったほどです。
魚で言えば,鰯か鯨みたいなもので今は見る影もありません。
グラビアも殆ど特殊印刷に凋落しました。
写真の表現力は横綱級なのですが、時代は重厚を見捨て軽薄だが低コストのオフセットです。

・・・脱線しました。
セピア色のダブルトーン版をご存知ですか。
凸版が王者で君臨していた頃、空手の力道山が元気だった頃、初代若乃花、朝汐、栃錦、
ぶちかましの松登が街頭TVで黒山の観衆を惹きつけていた頃........
凸版でダブルトーンを手懸けていました。
4色カラーが高価で2色つまりダブルトーンがもてはやされていたのです。
人口着色(イミテーションカラー)の更に色数を減らした2色製版です。
つまり代用カラー印刷をアルカスは仕事にしておりました。

2色版をなめてはいかんぞよ!やってみると、これが中々の表現力を発揮するのです。
印刷通し数は半分で相手を納得させる!これはペテン師の快感と同じだろうと思います。
普通の4色カラーが無気力に機械的に造られるのに比べて誰も褒めてくれませんが
自分の中ではやった~!と叫ぶのです。

なんと! パソコン画像ソフトのフォトショップにこれが搭載されているのを発見!
懐かしの恋人に再会です。
銅版に焼き付けた2版のモノクロ画像を醤油色の塩化第二鉄液で腐食、レタッチを
繰り返しでっち上げる、、、
これがパソコンで自由に特性カーブ通りに操作してダブルトーンの画像ができる!
嬉しいじゃああ~りませんか、ち~とも面白くないよ.......
そうですよね。これがそれなんですよ。

オホハシ

[PR]
# by arukas7 | 2004-09-12 14:28 | 写真 | Comments(0)