「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧

六助テスト機 製作開始

a0141004_12102237.jpg

昨日は六助の主翼6組作ったところで瞬間接着剤、バルサ、などが枯渇したので
調達にシンバモデルスへ出かけました。

今日は(6/28)、これより残る3枚の組み上げ作業です。
6組といってもエルロン、エレベータ支柱取り付け部などは未だ手付かずです。

a0141004_12122248.jpg
おおはし

[PR]
by arukas7 | 2011-06-30 22:23 | Ca60 | Comments(0)

でかタウベ たわみ翼で飛んだ

a0141004_684168.jpg

FG-20 4サイクルガソリンエンジン搭載の1/6スケール、タウベは
運搬上の都合で支柱の少ないエルロンタイプで製作して飛ばしておりましたが
航空黎明期の飛行機は翼を、ひねって鳥のように飛ぶ、たわみ翼の方が似合いです。

折角、良く飛んでいる飛行機を駄目にするかもしれませんが勇気を出して改造しました。
重量は殆ど増加しなかったが翼面の支柱と張り線の抵抗は、かなり大きくなったが
梅雨空の利根川上空で古典機らしい、ゆったり良い飛びを見せてくれたので安心しました。

a0141004_694380.jpg

おおはし

[PR]
by arukas7 | 2011-06-30 04:13 | 飛行機 | Comments(0)

六助テスト機

a0141004_117926.jpg

a0141004_1174174.jpg

2mmバルサでリブ切り出し始めました。リブ間隔は50mm、前縁5×5バルサ、桁3×8ヒノキ 
後縁3×15mmバル、リブキャップ下面のみ。。。で9枚の翼を、これより作ります。
支柱は半分程度に間引いて入れる。張り線も簡単につける。
エルロンとエレベータ、ラダーなどもつける予定です。

テスト機の胴体は福ちゃんが作ってくれることになりました。強力な助っ人が出来て、ありがたいです。
添付画像は福ちゃんが作って今朝、公園でテストした機体です。


a0141004_11102075.jpg

おおはし

[PR]
by arukas7 | 2011-06-29 06:22 | Ca60 | Comments(0)

六助 三面図3種類

a0141004_1134772.jpg

縮尺は未だ流動的です。
1/20図にプロペラを載せてみて6インチペラしか使用不可に、ありゃ~
予定は8インチですが。。。。

1/15図面を書いてみました。スパン2m、翼弦20cm、効率も良くなるし~。。。
しかし2mの3枚羽を3組、車に収容するのは、しんどい。。。。。

1/17で再々度書いてみました。スパン1.8m、翼弦18cm、7インチペラが使えます。

松田さんとAさんの見解は中央翼は前翼の吹き下ろしで揚力を発生していない。。。
それで吹き下ろしの影響を減らす為に中央翼の迎え角を前翼より大きくしてみようと考えております。
テスト機を原寸で作ってテストしてみたいと思います。

急がば回れで、いきなり原寸ではなく1/20テスト機、スパン1.5mなら手投げテストできるので
土手の上から草原めがけて滑空テストして各翼の取り付け角、重心位置を確認する。。。

胴体は簡単に作る。9枚の羽を作るのは面倒ですが。。。
1歩ずつステップを踏んでいったほうが確実かなぁと思います。

a0141004_1122590.jpg



おおはし

[PR]
by arukas7 | 2011-06-27 22:03 | Ca60 | Comments(0)

六助のプロペラ

a0141004_10585371.jpg

六助 巨人飛行艇は1/20スケールでも結構な大きさです。
プロペラサイズは8インチの予定でしたが6インチが、ぎりぎりです。
8インチが使えるスケールサイズの図面も1/15で書いてみた。画像ペラは7インチ(謎)
翼弦長も20cmとなりこちらの方が効率は良くなる。。。。しかし更に巨大になるぅ~

重心位置も問題だ。。。。色々クリアーせねばならないハードルが立ちはだかります。

a0141004_1103669.jpg

おおはし

[PR]
by arukas7 | 2011-06-26 23:19 | Ca60 | Comments(0)

新旧の出会い

a0141004_1056028.jpg

先日のCA3 成田上空を飛ぶ画像はMRC副会長の児山さんの撮影ですが
もう一枚サイズの大きな画像を送ってくれました。
95年の時空を超えた成田上空での新旧の出会いです。

a0141004_10565796.jpg

おおはし

[PR]
by arukas7 | 2011-06-25 06:21 | 飛行機 | Comments(0)

でかタウベ でかくなりました

a0141004_21112114.jpg

でかタウベの改造は一応、終了しました。
重量増は220gほどで、すみましたが翼が馬鹿でかくなりました。
これで飛びが悪かったら踏んだり蹴ったりです。

また心配の楽しみが増えました。
どんな飛びをするかにゃ~ これが自作機の一番美味しいところかにゃ~。。。

a0141004_2112239.jpg







[PR]
by arukas7 | 2011-06-24 16:06 | 改修・改造 | Comments(0)

梅雨空の成田上空を飛ぶカプロニーCa.3

a0141004_23181492.jpg


a0141004_23184194.jpg

今日は体のあちこちが痛むので家に居ましたがMRC飛行場に
牛久の福ちゃんが尋ねてきたと電話があり気を取り直して昼近くに出かけました。
梅雨で曇りですが幸い穏やかな一日で出かけてよかったです。
福ちゃんとは先日、尾島RCスカイポートで出会ったのですが住まいが近くなので
是非来てくれるようにお願いしてありました。

持参のDH-2エアコはガソリンエンジン逆転仕様で素晴らしい完成度と
飛行も戦闘機らしい素晴らしいものでした。

もう一機の電動折り紙ヒコーキも大変ユニークなもので驚嘆しました。

アルカス・カプロニーCa.3も曇り日の成田上空を良く飛んで大変、楽しい一日でした。

a0141004_23195070.jpg

おおはし

[PR]
by arukas7 | 2011-06-23 04:40 | 飛行機 | Comments(0)

でかタウベ 主翼の改造難航

a0141004_22315554.jpg

a0141004_22323350.jpg

でかタウベ改造、尾翼はすんなり調子よくいきましたが主翼の改造は難航しています。
尾翼のリブは3mm竹ヒゴで上手くいきましたが主翼のリブは3mm竹ヒゴのみでは
段差が出来るので竹ヒゴ+3×6mmバルサにした。バルサだけでは、ふにゃふにゃで
これを竹ヒゴに接着しても硬さは変わらないと思ったが甘かった!
軟らかい部材を2枚張り合わせただけでこんなに硬くなるとは。。。仕方なくテーパーに削った。
バルサが上で竹ヒゴが下(逆ならよかったが)後縁にかけて厚みを薄くテーパーに削って
曲がり易くして翼紙を張り仕上げた。気になるのは ポキッ
このまま進めては後でトラブルが必ず起こるだろう!

昨夜、折角仕上げたところを思い切ってやり直すことにしました。
今度は3mm竹ヒゴだけの骨組みです。
障子紙の外皮は丈夫で破らないように気をつけて剥がして何とか再使用です。
少し、でこぼこしているが、これも味のうちと我慢することに。。。自分に寛容なアルカスです。
骨組みは出来たがリンケージはこれからです。上手くいくかにゃ~

a0141004_22334452.jpg



おおはし

[PR]
by arukas7 | 2011-06-21 22:24 | 改修・改造 | Comments(0)

でかタウベ たわみ尾翼

a0141004_14453814.jpg

でかタウベの、たわみ尾翼ですが1号機では難渋しましたが、
その時のノウハウが役に立ち、わりとすんなりいきました。

ヘナヘナ尾翼を鵜匠のように裁きます。
高価で扱いの面倒なターンバックルは使いません。う~ん 気持ちよく動きます。

a0141004_14463270.jpg

おおはし









































[PR]
by arukas7 | 2011-06-21 05:16 | 改修・改造 | Comments(0)