「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧

眼鏡新調 空撮テスト

今日は良い天気になりましたので近くの広場に行き久しぶりにシュトルヒにて
空撮をしてみました。動画で撮影し静止画にキャプチャーしました。
楽チン動画モードで7分間飛ばしてオートでポンですからインスタントラーメン2個作る程度です。
SONYコンデジ良く撮れます。木立の上は風で揺れます
着陸失敗で脚を壊しましたが紐で縛って続行...操縦の腕が落ちていました。

a0141004_1995482.jpg

おおはし

[PR]
by arukas7 | 2010-05-31 22:24 | 飛行機 | Comments(0)

子蛙軍団 上陸寸前

a0141004_1091897.jpg

第9回MRC水上機の集いが近づき天候が気がかりですが雨を待っている輩も居ます。
我が家の豆池で上陸待機中の子蛙軍団です。
気の早いのは日照りがあるのに飛び出して干し蛙に。。。。

a0141004_1010748.jpg

おおはし

[PR]
by arukas7 | 2010-05-30 21:33 | 独り言 | Comments(0)

学習トランプのイラスト

a0141004_914139.jpg

今日は寒く風が強い1日でしたので1歩も家を出ず
手元に少しだけある昔書いたイラストをスキャナーでパソコンに取り込みました。
36年前パソコンは未だ一般に使用されてなく筆と絵の具による手書きです。
仕事をもらった時はこれで飯代に。。。と嬉しかったが
〆切内に仕上げるのは眼玉重労働でしんどかった。
世界の乗り物学習教材トランプのイラストで菱形のスペースに構図をまとめるのに苦心しました。
今となっては懐かしい、ほろ苦い思い出です。
a0141004_9162578.jpg

科学教材の恐竜の組み立て方イラストなども描きました。
生物のイラストは定規が使えず全てフリーハンドで描く根気勝負です。
低学年の幼児向きのイラストは難しいです。
その子の、お母さんにわかるように描く必要があるからです。
a0141004_917133.jpg

そんな生活の中で模型ヒコウキは良い気分転換になり
細く長くラーメンのごとく今も続けています。

おおはし

[PR]
by arukas7 | 2010-05-30 05:14 | イラスト | Comments(0)

若林さんのアントアネット

a0141004_14215036.jpg

a0141004_14221024.jpg

a0141004_14222838.jpg

不安定な天気が続いています。
パソコンのファイルに若林さんのアントアネットが保存されておりました。
1999-11-03RCページェントに一緒に出場していました。
その時は凄いと思いましたが黎明期の機体は飛行が難しいので
自分で作ろうとは思わず、それほど関心はありませんでした。

それから11年経ちアルカスも古典機を作るようになり若林さんの凄さが分かります。
これほどの機体は到底作れません、溜息がでます。

カニは自分の甲羅に合った穴を掘ることが肝要です。
自分は飛ばして楽しむヒコウキを作りたいです。。。

a0141004_14232714.jpg

オオハシ

[PR]
by arukas7 | 2010-05-29 05:13 | 飛行機 | Comments(0)

眼鏡がいっぱい

a0141004_21355548.jpg

a0141004_21363272.jpg

数日間、雨のようです。
部屋の中はヒコウキで、いっぱいですが眼鏡も、いっぱいになってきました。

a0141004_21371015.jpg

おおはし

[PR]
by arukas7 | 2010-05-27 23:59 | 独り言 | Comments(0)

Fok-E3 尾翼修復

a0141004_21335210.jpg

数日間は雨のようです。先日機首を改修してFok-E3を近所の空き地で飛ばしてみました。

a0141004_2134547.jpg

おおはし

[PR]
by arukas7 | 2010-05-26 20:04 | 修復 | Comments(0)

メガネ 一件落着

雨で寒いです。完全自動オートフォーカスのレンズが白濁して使い物にならなくなり
昔は鳥目の爺さんで過ごすしかありませんでしたが今は簡単にレンズ交換が出来るようになり有り難いです。
交換レンズは多焦点レンズもあるようですが保険適用外であるのと強い光のところではフレアーが出て
見え難いことがありますと注意書きが。。。ヒコーキ飛ばしには困ります

それで当方は保険適用の固定焦点レンズを選びました。焦点を何処に合せるか、
小生は、ど近眼ですから本当は近くに焦点を合せた方が違和感が無いと思いましたが
ヒコーキ飛ばし優先で遠くを選定しました。
その結果、遠景は劇的に鮮明に見えるようになり驚愕しました。

然し代償として近くが。。。りゃりゃりゃ食卓のご飯が見えない!見えるけどピンボケ!
今まで使っていた老眼鏡を掛けてみると何とか見えるしヒコーキ作りも何とかできるが
リブステッチのような細かい作業は困難です。
針に糸を通すには老眼鏡2号を使用する、、、手術後2ヶ月ほど経過し、
やっと多焦点眼鏡が出来たのが一昨日の土曜日です。

早速、掛けて見ると一応どの距離も良く見えます。少し違和感があるが慣れるしかないだろう。。
かみさんも「慣れるわよ」と言います。
近くは確かに良く見えるようになったが目線位置の中距離が見え難い。
ピントを合せる為には首を下げて上目使いにする必要がある。
これでは道を歩く時、絶えず、うなだれて歩かなければならない。
できれば顔は上げて歩きたい。下を向いて歩くのは勘弁願いたい。。。
眼鏡屋に言っても処方箋通りに作りましたと言われそうだし眼科医は慣れが必要でしょうと言うだろう。。

暗い気持ちの日曜日でしたが雨ですることが無く傘を差して眼鏡屋に行き相談すると
若い店員でしたが丁重に何度も眼鏡のフレームと目の位置を調整してくれました。
半信半疑でしたが、それでやってみる事にして店を出て通りを眺めると自然な感じで嬉しくなりました。
単焦点レンズの場合は少々位置がずれても見え難いことは無いが
多焦点レンズの場合は位置関係が微妙ですね。
レンズは一流光学メーカーで作られている確かな製品でもフレームに取り付ける作業が
何処の眼鏡屋でも原始的だと思います。
サンプルレンズを希望フレームと組合わせて中心にマジックインクで印しを付けてアバウトに決めています。
気の弱い人は少し違和感があっても、そんなものだと諦めて我慢しているのではないでしょうか。
今は自己主張の時代なので、そんな人など居ないよ。。。あっそうかも。
我慢するようなアホは居ないかもなぁ。とりあえず一件落着です。

a0141004_15292226.jpg


アホハシ

[PR]
by arukas7 | 2010-05-25 22:32 | 独り言 | Comments(0)

アストロ803Gギアダウンモーター仕様のアブロ

a0141004_15175377.jpg

雨です。体温機能減退し古代生物化がすすむ
アル爺は寒さが大の苦手です。温暖な日が来るのをじっと待つばかりです。

夢しか乗せられない模型ヒコーキを整備しております。
新作のアントアネット2号機は1号機よりかなり丈夫に作ったのは飛行がNGの場合
飾り物に目的変更。。の下心があったからです。
翼のリブ枚数も、この手の飛行機としては異常に多くBec電源・ミニサーボでたわみ翼が可能か?、、、
難問多数でしたが格好優先で完成して飛ばしてみると。。。思ったより数倍良い飛行をした。
動力は先に製作したAVRO三葉機を蘇らせたアストロ803G・Astro Flight Inc.ギアダウンモーターの
古いタイプですが大きなプロペラを効率よく回し捨てたものではないどころか
超エコモーターでAVRO三葉機もモーターを、これに変更で電池を軽量化して飛行性能をアップ出来たのです。
アントアネット2号機も、これと同じ動力搭載ですが丈夫な翼のねじりにサーボ電流が多く
付属アンプのBEC電源消費が多くAVRO三葉機より一段大きな電池を必要とします。
電源消費を抑える為に、たわみ翼駆動ホーンのストロークを小さくしました。
翼の可動幅は少し減りますがラダーを併用すれば操縦性は確保できると思います。
搭載電池を小さく出来ればアントアネット2号機の飛行速度を、より実機らしく出来るかなぁ。
壊れやすい前橇は小前輪に換えました。次回の飛行が楽しみです。

a0141004_1523494.jpg

オホハシ

[PR]
by arukas7 | 2010-05-24 21:44 | 飛行機 | Comments(0)

ようやく見えるようになったかに

今日のフライトは出来なくなったので土曜日に出来た眼鏡が合わず
気落ちしておりましたが雨の中、傘をさして眼鏡屋に行きました。
若い店員が親身に掛け具合を点検、根気良くレンズと眼球の位置を調整してくれた結果
違和感が無くなり、どのエリアも良く見えるようになりました。
眼科医の処方通りに作った眼鏡でも加工と調整が大事なんですね。
ようやく見えるようになったかに。。。一件落着です、ふぃ~。。

a0141004_22294528.jpg

オホハシ

[PR]
by arukas7 | 2010-05-23 22:30 | 独り言 | Comments(0)

Fok EⅢ機首を改造

a0141004_23202713.jpg

雨は上がりましたが急に気温上昇でナメクジ人間アルカスには堪えます。
部屋の中にこもり、かねてから気になっていたFok EⅢ 6号機の機首の形を改修しました。
重心位置の関係で電池を前に搭載するとカウリングが小さいと電池が見えるので
やむなくカウリング形状をやや大きくしておりました。
フライト性能は申し分無いのですが機首の形状が実機と違うので気にしていました。
重量に余裕があるのでカウリング内に錘75gを積んで電池を後方に移動して
機首のくびれを表現できました。次回のフライトが楽しみです。

a0141004_2321277.jpg

おおはし

[PR]
by arukas7 | 2010-05-21 23:21 | 改修・改造 | Comments(0)