<   2005年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧

アブロ三葉機ヴィンテージフィルム貼ってみました

a0141004_20504352.jpg

a0141004_20511672.jpg

製作中のアブロ三葉機にヴィンテージフィルム貼ってみました。
裏紙なしということは接着力が弱いということで、バルサ直には貼れない。ラッカーなどの下地が必要
かなり低温で貼る。縮まないので、皺を取るのが難しい。
然し、慣れると上手く貼れるのかなぁ、、、やるしかないです。
接着力、収縮が弱いので貼るのは、かなり難しいが
収縮が強いと弱い骨組みの翼は、ねじれてしまうだろうから
軽量機には適したフィルムかもしれない。

オハシ

[PR]
by arukas7 | 2005-06-24 20:48 | 製作記事 | Comments(0)

アブロ三葉機 生地完成

a0141004_205329100.jpg

製作中のアブロ フライングマシン生地完成です。

オハシ

[PR]
by arukas7 | 2005-06-21 20:52 | 製作記事 | Comments(0)

アブロ三葉機 翼端動いた

a0141004_2055119.jpg

アブロの翼端が動いた!
未だフィルムを貼っていない状態ですがバラックで配線してみたところ、かなり元気に動くようです。

フィルム張りするので、ばらすのが大変だ。L型支柱取付具に名札44枚、支柱も多数。
ばらしたくないが、ばらさないとフィルム貼れない、、、。しかし、動いた。

オハシ

[PR]
by arukas7 | 2005-06-20 20:54 | 製作記事 | Comments(0)

アブロ三葉機 一歩前進

a0141004_205655100.jpg

アブロ三葉機 未練がましく翼端の桁を削り、前縁も削り禁断の後縁も削った。
支柱留め具の穴も広げて支柱が動けるように、、、な~んか心もち翼が捻れるような、、、。
動力はパワー飛行時間の余裕のあるエンジンに傾いた、、手持ちがあるから出費も少ないのは魅力だ。
確実に飛行できるエンジンを選定しようと90%決めたが胴体が分割できるので駄目元で
電動モーターもいけるかな、、、ペケなら機首部分だけ作り直せばいい、、、

気を取り直してやってみました。テールヘビィが怖いので直感的にモーターを少し前に積んだ。
お陰で電池も狭いスペースに何とか収容できそう、、
重心位置に近く搭載するので電池を変えても重心移動が無い、、、
少し、青空を見た気持ちです。

今日は梅の実をとり、枝を剪定しました。
消毒しなかったのでアブラムシがびっしりです。残留農薬は嫌ですから、、、、、。
本当は開花直後に一回やっておくとこんな惨状にならずに済んだのだが、、、
それにしても天敵の、てんとう虫がいませんね。蟷螂も少ないようです。
蛇や百足も姿を消した、、、ドジョウやメダカ、蓑虫もいない、、、、
TVで千葉県茂原の東京ドームの3倍もあるアジサイ園を紹介していたが、ピンク色のアジサイばかり
アジサイはキッパリ青がいいです。

オハシ

[PR]
by arukas7 | 2005-06-19 20:55 | 製作記事 | Comments(0)

アブロ三葉機ここまでできた

a0141004_9324429.jpg

アブロ三葉機 格好は一応出来たのですが案じていた翼は、てこでも捩じれそうにありません、、、。
動力は何にするか、、、三角胴の収容力は殆ど無い、、、、。
これを飛ばすためには妥協の嵐しかない、、、!!!振り返れば妥協はアルカスの得意技だ。
ず~とそうして生き延びてきたのです、、、。心は梅雨空のようです。
           
オハシ

[PR]
by arukas7 | 2005-06-18 09:31 | 製作記事 | Comments(0)

アブロ三葉機 製作モード

a0141004_9344426.jpg

寒い風が吹いていますが作りモードですので平気です。
今日は終日、頭の体操です。翼はある程度、強固に、でも、強すぎてもイケナイ、、、
ヒノキ、バルサ、プラ材少々で一日遊べるわけです。

オハシ

[PR]
by arukas7 | 2005-06-17 09:34 | 製作記事 | Comments(0)

アブロ三葉機 えらいものを始めてしまいました

a0141004_9361686.jpg

アブロ三葉機、抵抗の塊りで風があると飛行が困難な飛行機を作り始めました。
完成は覚束ないが、兎に角やってみることにしました。
薄翼でプランクなし、翼後縁は3mmでポキッといきそうです。
リブの枚数も100枚を越える、、、運搬のために胴体を分割にします。
三枚の翼を支柱と張り線で支える。丈夫過ぎては翼が捻れない、、、。
だいいち、三枚の翼が撓められるか大いに疑問です、、、えらいものを始めてしまいました。

おおはし

[PR]
by arukas7 | 2005-06-16 09:35 | 製作記事 | Comments(0)

ピアジオアバンティ 滑空テスト

a0141004_9374337.jpg

今日も予報がはずれ、日焼けで顔がほてります。
利根川のMRCにて水上機それから陸上機を存分に飛ばし、
おまけに珍機ピアジオアバンティスロープグライダーの滑空テストも出来ました。
MRCのホープ児山さんに手投げしてもらい、3回ほど草に向かって投げ良い感触でした。
午後から風が出てきたので芝生の飛行場で安定したグライドをしました。
エルロン、エレベータは良く効きました。
軽くは無いので速度が落ちると、すとんと落ちるがスロープの吹き上げでは大丈夫だと思います。

おおはし

[PR]
by arukas7 | 2005-06-15 09:37 | 飛行機 | Comments(0)

ピアジオアバンティ 三面揚力形式にしました

a0141004_9391135.jpg

預かり物の珍機はカナードでも飛べると思いますが、
主翼がカナード機として設計されていないので安定が崩れた時の復元性が悪いとおもいます。
それで主題機と同じ三面揚力形式にしました。

カナードの下にハッチを付け、電池を収容しました。これで間違いなく飛ぶと思います。
重量が、軽いエンジン機並みの1100~1150gもありますから
軽くはありませんが、スロープで吹上げがあれば大丈夫でしょう。

オハシ

[PR]
by arukas7 | 2005-06-14 09:38 | 製作記事 | Comments(0)

ピアジオアバンティ改カナードグライダー

a0141004_9403711.jpg

M先生から珍機を預かりました。
イタリアのピアジオP-180アバンティをカナード機にしたものです。
オリジナルは三面揚力形式の機体です。

前翼が拡大されているので、カナード機として飛びそうですが、
カナード機の主翼は後退角、ネジリ下げが付きますが
本機は直線翼、ネジリ下げほんの少しの為、安定性が少ないと思われます。

安全な草地に向けて手投げ滑空してみれば、どの程度か判りますが、、。
梅雨は辛いが、美味しい水資源をどっさり溜め込む季節ですから我慢するしかありませんね。

ピアジオアバンティ改カナードグライダー相似のモデルでテストすると写真の位置で釣合い良く滑空します。

M機の機首に約100gの錘で、重心位置は良いと思われます。
日曜日、天候が良ければ利根川の土手から草原に手投げテストをしてみます。

ピアジオ三面揚力形式の原型に習って、水平尾翼を付けるとグライドは良くなるようです。
どうする○○○○、、、、。

オハシ

[PR]
by arukas7 | 2005-06-13 09:40 | 製作記事 | Comments(0)