<   2005年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

フオッカーEⅢ初飛行

a0141004_9201210.jpg

a0141004_9203195.jpg

フオッカーEⅢの初飛行に行きました。風が強く翻弄されたが、何とか無事。
しばらく待ったが、やまないのでY電気にSDカードを買いに、、、
そのまま帰りかけたが、風が治まってきた、、、、もう一度、NAFCへ、、、
Aさんとお友達がいました。風はやはり強く、2時頃まで待ち、もう一度トライ、、、
やはり、操縦性は、、、小さな尾翼はOKでした。

目下改修中です。かみさんのご機嫌がよければ、明日もう一度、、、。

オオハシ

[PR]
by arukas7 | 2005-02-21 09:16 | 飛行機 | Comments(0)

フオッカーEⅢここまで出来た

a0141004_1055247.jpg

製作中のフオッカーEⅢです。
オール可動の尾翼を作りました。主翼はライト兄弟の発明した捻り翼です。
電動1/10スケールで、これが可能か不明ですが目下、挑戦中、、、。

オハシ

[PR]
by arukas7 | 2005-02-19 10:05 | 製作記事 | Comments(0)

日の丸弁当

a0141004_1071417.jpg

またまた昔話で恐縮です。
日の丸弁当を知っていますか?

アルカスが国民小学校の頃、昼のお弁当は日の丸弁当でした。
これを喰えるのは、上等のほうで弁当なしの子もいました。

アルミかアルマイトの弁当箱の蓋は酸に弱く、すぐに穴が開きました。
大東亜戦争が終わり、朝鮮戦争、ベトナム戦争も終わり、
もう戦争のない平和で豊かな時代の到来です、、、、、?

産業界は兵器需要から平和需要へ転換ということで
アメリカのD社は航空機材料のマグネシュウム合金を印刷版材として
画期的製版法とともに売込んで来ました。

今までの亜鉛や鉛合金に比べ、硬度が高く耐久性が大で
凸版印刷材として理想的でしたが、湿度の多い日本では
版の保存中に腐食し易い一大欠点がありました。
表面に油を塗布したり、アルマイト処理をしたが駄目でした。

それが、今では軽量で堅牢ということで最高級カメラや
プロポのボデイに使用されています。

アルミニュウムは腐り易い代用金属が、、、、
今ではアルミサッシなど腐食しにくい金属に変化しています。

信じるものは救われる、、、本当かにゃ~、、、

アルカスには昔の悪夢が、ケロイドのように、、、、
どうしても邪魔をしてしまいます。

オホハシ

[PR]
by arukas7 | 2005-02-12 10:06 | 独り言 | Comments(0)

写真道楽も奥が深い

a0141004_108334.jpg

毎度、昔話で恐縮です。

皆さんも○十年後にはそうなりますから我慢して読んでください。

終戦後、配線(笑)、敗戦とは言わない。(きっぱり)
6年くらいの日本がまだ貧しい頃です。
当時、カメラは現在の車を買うより大変でした。

左の写真のカメラは兄のもので下のは「ミノルタメモ」という
35ミリレバー巻上げのレンズは4.5~3.5でダイキャストボディの凄く重いカメラでした。
何とかインチキしてこれを所有、、、

右上は「スナッピイ」という超小型16ミリ(映画用フイルムを使用)

其の後、「コーナン」16ミリ、「マミヤ」16ミリカメラを入手、
「ミノックス」は高価なのでゲットできませんでした。
マミヤは使いやすく、よく出来ていました。
コーナン(甲南)はスパイカメラもどきで凝った作りでしたが、使い勝手はイマイチでした。
当時は二眼レフ全盛で、それ以前は折畳めるスプリングカメラの
「マミヤシックス・バックフオーカス」が一世を風靡していました。

ぎゃはは~
やめとこうと思いながら、、、またまた昔話、、、ごめんね。

オホハシ

[PR]
by arukas7 | 2005-02-07 10:08 | 写真 | Comments(0)

アルカスの写真屋

a0141004_1010043.jpg

外は雨です。
雪は眺めは良いが雪かきとか、いろいろ後が厄介ですので
雨でよかったにゃ~が本音ですぅ~。

北九州で生まれ育ちましたが、あちらは雪がよく降りました。

その頃、僕は組立暗箱カメラを使っていました。
黒布を被り、天地さかさまのピントを合わす。シャッターを閉じて、乾板を装填する。
室内ではマグネシウム発光器を右手に持つ。モデルに気合をかけて、こちらを凝視させる。
左手でシャッターを開く。間髪を入れず、右手の発光器のトリガーを引く。

ドカン!

と爆発が起こり煙が上る。シャッターを閉じる。一連の動作はマニュアルシンクロです。

目をつぶっている者がおると困るので、もう一枚、念のために撮る。

このとき、発光器の冷却を確認してからでないとマグネシュウムが暴発する。
二重撮りしないように。これをやると一大事です。平謝りしても、どうにもならない。

自転車に乗って帰宅後、現像処理。定着が終わり、画像確認。
ピントあってる!目を閉じていないで、ほっとする。

ぎゃはは~
昔のカメラはおもろかったです~

しーらかんす

[PR]
by arukas7 | 2005-02-05 10:09 | 写真 | Comments(0)

Sea LionⅡ折畳み翼に改造しました

a0141004_10113910.jpg

a0141004_10115845.jpg

水ぬるむには未だ早いが、利根川の鴨狩猟も、もうすぐ終わりますので
飛行艇の出場準備をしています。

スピットファイヤーで有名なミッチェル卿が若かりし頃、設計・建造した
シュナイダートロフイーレース1923年優勝艇「Sea Lion Ⅱ」を、
その兄弟艇「Seal Ⅱ」軍用タイプのように折畳み翼に改造しました。

車から降ろして翼を展開、直ちに飛行可能で、飛行後の収容も大変便利です。
搭乗待ちのパイロットも乗り込み、テスト飛行待ちです。

オオハシ

[PR]
by arukas7 | 2005-02-02 10:11 | 改修・改造 | Comments(0)