カテゴリ:飛行機( 1091 )

E.A.C.&N-11飛んだ

a0141004_9364065.jpg

a0141004_937528.jpg

a0141004_9372736.jpg

9月10日(土曜日)この日を逃すと雨続きで当分RC飛行機飛ばしは出来そうにないので
MRC飛行場へ出かけました。強い日差しでしたが北東の風が、やや強く心地よかった。

F島さんがデカスロンの水上初飛行を果敢に飛行しパワフルに飛んで無事帰還した。

S井さんスポルタビアはスポイラー設定完了してナイスフライトでした。

その他8名ほどが飛行を楽しむことが出来ました。

私はE.A.C.モノプレーンを3Sリポで飛行、風が強く翻弄されるのが
心配されたが無事飛行出来ました。

ニューポール11のエンジンをFA-120R3三気筒エンジンに変更
スロープラグヒート装置を搭載して調整を入念に行い、無事飛行出来ました。

今日(9/11)は朝から雨です。

アルカス・おおはし











[PR]
by arukas7 | 2016-09-11 09:39 | 飛行機 | Comments(0)

飛んだぞ!アルカス電動E.A.C.モノプレーン

a0141004_60532.jpg

イーストボーン・モノプレーン無事飛びました。
このところの猛暑で体調最悪で落ち込んでおりましたが
9月4日(日曜日)午前中に利根川のナリタMRCで3フライト無事に飛行出来ました。
昼頃、天気急変で引き揚げました。

4S3300mAリポで飛行しましたが、
風が穏やかなれば3Sのほうが主題機らしい飛行が出来そうで次回テスト予定です。
製作にあたっては、まるいわさんの製作記事を参考にさせていただきました。
 
最近は自作するモデラーが少なくなりバルサなども入手難で
持ち合わせの手持ち材料で製作したので重量は重めとなりましたが
まずまず素直な飛行で安心しました。
電動肩翼4chですから当然のことですが、今回は非常にうれしかったです。 

1/5.4スケール、翼幅1620mm、翼面積42d㎡、重量4S3300mA電池搭載で2400g
翼面荷重57g/d㎡、プロペラAPC13×6.5E、入力370W、7分飛行で電池残40%でした。

アルカス・おおはし











[PR]
by arukas7 | 2016-09-07 06:01 | 飛行機 | Comments(0)

E.A.C.モノプレーン飛んだ

a0141004_21193520.jpg

a0141004_21202758.jpg

連続台風襲来で新規製作のイーストボーン モノプレーンの初飛行が
なかなか出来ないでいましたが、今日(9/4)を逃すと当分難しい空模様の予報につき、
朝の間小雨の中を利根川のMRC飛行場に向かいました。
午前中、幸運にも晴れ間が見え初飛行を何とか無事完了できました。
午後 俄かに黒雲来襲で早々に引き上げました。

アルカス・おおはし











[PR]
by arukas7 | 2016-09-04 21:22 | 飛行機 | Comments(0)

2016-08-07MRC

炎天下のMRC飛行場
a0141004_101932100.jpg


我らがトムさん
a0141004_10194846.jpg


ニューポール11
a0141004_1020699.jpg


電動モラン・ソルニエN
a0141004_10202475.jpg

昨日(8/7)は勇気を出して炎天下のMRC飛行場に行きました。
取り換えたばかりの車のバッテリーが上がっていました。
カーエアコン使わない訳にはいかず心配でした。

飛行場は北東の風が終日強く思ったより過ごし易く無事生還出来ました。

調整中のニューポール11と10年超えの電動モラン・ソルニエN
まずまず飛びました。
Hさん、Kさんに写真を撮ってもらいました。感謝です!

アルカス・おおはし

















[PR]
by arukas7 | 2016-08-09 21:00 | 飛行機 | Comments(0)

AOFC飛行会楽しかった

a0141004_12573515.jpg

コメント返信の詳細として画像添付の記事にしました。
-----------------------------------------------------
>アルカス大橋様
>千葉の飛行中年 まるいわと申します。
>だいぶ以前に尾島のAOFC飛行会でお会いしたことがあります。
>イーストボーンモノプレーンの記事を拝見して、
>思わずコメントをしたくなりました。
>私もつい最近これを作っています。
>スパン75cm、飛行重量212gの小型機ですが、
>なんちゃってスケールのかわいい機体です。
>良かったらHPの写真をご覧ください。
>必要でしたらCADデータも提供できます。
-----------------------------------------------------
まるいわさんコメント有り難う!!
AOFC飛行会楽しかったです。
ファントレーナーの翼にMARUIWAのサインがあるのが
貴兄の機体でしょうか。
イーストボーン単葉機の製作記事拝見 すばらしいです。
戦争に登場していないヒコーキは紹介記事が少なく
私もつい最近知りました。
一応、製作用図面を書いたところです。

アルカス・おおはし
-----------------------------------------------------
《管理人記》

●まるいわさんのイーストブレーン・モノプレーンの部屋 ここをクリック してください。

●飛行中年のラジコン日記 ここをクリック してください。











[PR]
by arukas7 | 2016-08-08 21:00 | 飛行機 | Comments(2)

アブロモノプレーン

a0141004_2135299.jpg

a0141004_214841.jpg

アブロモノプレーン
航空黎明期には結構モノプレーン(単葉機)が多かった?
製作中のRCアブロモノプレーン、エンジンはENYA
出来上がりはSAITO ジャパンエンジン愛されていますねえ!

アルカス・おおはし











[PR]
by arukas7 | 2016-08-07 21:05 | 飛行機 | Comments(0)

イーストボーン・モノプレーン

a0141004_18561885.jpg

8月6日(土曜日)今日も猛暑です。
ヒコ-キ飛ばしを諦めて室内でイーストボーン・モノプレーンのPC検索で過ごしています。

Eastbourne Aircraft Co.は英国で1913年にEastbourne Monoplaneの
製作飛行をしていたことが分かりました。
この時代のフライングマシンの操縦方式は、たわみ翼が多いが
本機がエルロン式であるのに驚きました。

あるかす・おおはし











[PR]
by arukas7 | 2016-08-06 18:59 | 飛行機 | Comments(0)

独製モランソルニエ H

a0141004_10375639.jpg

第一次大戦以前の航空黎明期はフランスが一番輝いていたようですね。
世界の列強はすべて真似て真似て追いつき追い越したのかにゃ~
WW-Ⅰ前のヒコウキは面白いです.

アルカス・おおはし











[PR]
by arukas7 | 2016-08-05 10:39 | 飛行機 | Comments(0)

教えてEASTBOURNE MONOPLANE



恰好良いRC飛行機野郎
a0141004_1513810.jpg


戦いは真似るが勝ち
a0141004_1521387.jpg


a0141004_1523557.jpg


a0141004_158759.jpg

a0141004_153206.jpg

a0141004_1533814.jpg


モランソルニエをパソコン検索していたらモランソルニエNより少し前の
モランソルニエHを製作している超かっこいいヒコーキ野郎がいました。
フオッカーE3と大変良く似ていますが真似したのはフオッカーです。 

イーストボーンEASTBOURNE MONOPLANEもシンプルで面白いヒコーキです。
製造国はイギリス?フランス?何処だろう?RCキットもあるようです。
ご存じの方は教えてください。

おおはし

《管理人記》

教えていただける方はコメント欄にご記入ください。m(_ _)m

参考動画 ここをクリック してください。

























[PR]
by arukas7 | 2016-08-04 15:10 | 飛行機 | Comments(2)

多数作ったニューポール11&17

a0141004_9335398.jpg

a0141004_93454.jpg

今日(7/26)もはっきりしない天気です。
ヒコーキ飛ばしに行く予定で昨夜は準備して寝ました。
寝起きは絶不調です。寒くて肘周辺が痛みます。
長袖シャツを着て朝食後 パソコンに向かいキーを1本指でたたいて操作しているうちに
暑くなり半袖シャツに着替えて、花が終わった老シクラメンの水やり。これが大変デリケート
やり過ぎるともたれて腐り、不足するとグンニャリしおれて駄目になる・・・
ポイ捨てして今年の冬にまた買えばよい・・・捨てるのか?
花をいっぱい咲かせ終わった老兵アルカスに似ている。捨てるわけにもいかない・・・
ハイポネックスを少量加えた水を絶妙の水加減でやる。。。 

オーバーヒートに苦しむ模型エンジンのニードル調整と同じだにゃ~
甘くても辛くても駄目だ。難し過ぎる。
やっと調整が出来たと飛ばしたら、うへ~っ!エンスト
機体を回せず利根川に・・・それでキレタ!
4ストガソリンエンジンは耄碌(もうろく)アルカスには難し過ぎる。
扱いやすいグローエンジンでやっと飛んだ1/5ニューポール11です。

ニューポール11と17は良く似ています。
N-17はパワーアップでエンジンカウリング周りの形状と主尾翼の大きさが少し異なります。
今回作ったN-11、実はN-17のキット改造です。何故ややこしいことをしたのか?
N-11のエンジンカウリング形状が切り欠きが大きく
エンジンの冷却が楽だと思ったからです。旧型好みというのもあります。
楽ちん予想が見事外れて元気のないアルカスです。

アルポンパ・おおはし


《管理人記》

アルカス大橋さんからお嫁にいただいた家宝です。(^-^)

●ニューポール17 ここをクリック してください。












[PR]
by arukas7 | 2016-07-26 21:00 | 飛行機 | Comments(0)