カテゴリ:飛行機( 1087 )

E.A.C.モノプレーン製作調整中

a0141004_21173747.jpg

E.A.C.モノプレーンを去年の8月から電動機とエンジン機で製作飛行調整中です。
1号機は電動機で比較的すんなり飛行しましたが、2号機はこれも良い感じで飛行
幸先良いと思ったが、どっこい猛暑でガソリンエンジンがオーバーヒート
懸命の調整をしたがNGで、やむなくグロウエンジンFA-120R3に変更
今度は良い感じで飛んだが、あれれのエンストで飛行場まで戻れず利根川に着水!
年末にメーカーに送って機体の修理は完了、飛行待ちですが
今度は日本列島が猛烈な寒波に包まれて飛行出来ないでいます。

海外ではRCキットも発売されて人気があるようです。
実機が製作された1913年当時は全ての機体がライト兄弟が創作した
たわみ翼であったが、E.A.C.モノプレーンの操縦方式はエルロン方式である。
1914年に第一次大戦が始ったが第一戦に登場した偵察機、戦闘機?
ブレリオ、モランソルニエ、フオッカーE3など全てたわみ翼であった。
戦争中盤エルロン式複葉機が登場することになる。。。。

戦争勃発以前に先進のエルロン式で登場したE.A.C.モノプレーンに
私は大変驚きました。それで早速RC機で製作してみようと思いました。

主題実機のE.A.C.モノプレーンの機体構造はブレリオ他のモノプレーンと
ほとんど同じでエンジンもアンザニ3気筒です。
同じ構造の主翼に取付られたエルロンホ-ンは巨大です。
エルロンホ-ンが大変大きいということはエルロンの動きは非常に少ないことを
示しています。エルロンの動きが大きいと脆弱な主翼ではエルロンリバースが
起こり操縦不能になります。つまり先進のE.A.C.モノプレーンのエルロンの
効きは非常に少なく、やっと旋回飛行が出来る事で満足していたと思われます。
キット化されたRC飛行機のエルロンリンケージはどれも現代と同じように
変更してあるようです。動画で飛行も見られるが、どれも現在のスポーツ機と
同様の飛行を披露しています。へなへなやっと飛ぶのが実際の飛行だが
それでは現在のRC飛行マニアには受け入れられず製品も売れないだろう。
アルカス機も悲しいかなロールや宙返りでビンビン飛行します。。。。

アルカス・おおはし
































[PR]
by arukas7 | 2017-01-17 21:19 | 飛行機 | Comments(0)

Bamboo Plane

a0141004_17235488.jpg

a0141004_17235547.jpg

今年は暖かい正月で助かりましたが今日(1/5)は冷たい風が吹いています。
ネット検索で変なバンブープレーンの動画を見ました。
竹の骨組みでCD-ROMモーターで浮遊している様を興深く見ました。
私の環境では到底飛行できません。

27年前に製作 飛行したゴム動力のピンキーR30を修復しました。
くるくる旋回しながら風に流されて飛ぶので利根川岸のMRCでは飛ばせません。

RCの古典機を飛ばしたいが利根川岸のMRC飛行場は、たいてい風が強くて
飛行を楽しむことが出来ないのが残念です。

アルカス・おおはし

《管理人 追記》

●Bamboo Plane ここをクリック してください。


































[PR]
by arukas7 | 2017-01-05 21:05 | 飛行機 | Comments(0)

飛行始め2017

a0141004_12311771.jpg

a0141004_12311554.jpg

2017-01-05飛行始めに行きました。
昼頃に南風が強くなりましたが15時頃には穏やかになりました。
10年超えのニューポール28を電動に改造して飛ばしたが
4セルリポではパワー不足で強風では不安でした。
同じく10年超えのAVRO Dk 何とか飛びましたが
途中でエンジンが息つき ヒヤリ!でした。
今年も多難の年明けです。

週末の天気が気にかかります。

アルカス・おおはし


































[PR]
by arukas7 | 2017-01-05 12:32 | 飛行機 | Comments(0)

2016-12-18 MRC

a0141004_14565954.jpg

2016年12月18日(日)narita MRC は快晴微風に恵まれて
飛行納会が開催され、おでん、うどん等で盛り上がりました。
注目すべき機体が多数飛び交い、賑やかでした。
高速系機体の写真は撮れませんでした。
役員、クラブの皆さん、お世話様でした。

大橋


































[PR]
by arukas7 | 2016-12-19 14:58 | 飛行機 | Comments(0)

アルカス電動スチレンバード飛んだ

a0141004_09594457.jpg

a0141004_09594489.jpg

昨日(12/11)は強風予報でしたが先週に続き飛行場整備でMRCへ出かけました。
安全飛行のため離着陸エリア、操縦エリアのライン引き作業などの後、
冷たい北風の中でフライト開始です。

MRCでは発泡素材の自作EPプレーンが流行りですので
私も手持ち5mmスチレンボードで試作
不慣れのため、やや重めで出来上がりました。

翼幅1m18cm 翼面積18d㎡ 電池2C1300mA、3C1300mA-Lipo 100W 
重量500g  翼面荷重30g/d㎡ RC3ch

風で吹き飛ばされそうで心配ですが、思い切って飛ばすと
かなり頭下げ、トリムフルアップで何とか持ちこたえて無事着陸 回収
ヘの字型翼面の主翼取り付角を直して2度目の飛行に挑むと
鳥(カワウ)の群れがやって来たので、仲間に加えてもらい一緒に飛んだ。
加害の意思がないのを認めて鳥たちは悠然と編隊を組んで飛んでいきました。 
午後から、もう一度飛行したかったが、寒さと強風で断念して帰りました。
写真は撮れなかったので前に写した貼付け画像添付です。

明日 月曜の天気予報は快晴微風です。

アルカス・大橋

































[PR]
by arukas7 | 2016-12-12 10:01 | 飛行機 | Comments(0)

2016-12-04 MRC

a0141004_09560230.jpg

昨日、成田MRCでは飛行場使用規定を改め
会場設定を道路・田んぼ側から離し、川岸に寄せる変更をして
飛行安全飛行をこれまで以上、徹底することにしました。 

おおはし




























[PR]
by arukas7 | 2016-12-05 09:58 | 飛行機 | Comments(0)

2016-11-13MRC

a0141004_05574838.jpg

今日(11/13)は晴天で暑いくらいの飛行日和になり
20名以上のクラブ員が賑やかに飛行を楽しみました。

私は調整飛行中のE.A.C.monoplane 1号機、2号機他の飛行をしました。
1号機、2号機の名前が同じでプロポのモデルセレクトを間違えそうで厄介です。
機体の形が同じでサイズが違うので着陸時の遠近を間違えて侵入する恐れがあります。
上空は3機同時飛行ですので衝突せぬよう懸命の操縦で
何とか無事帰還することが出来ました。

アルカス・おおはし




































[PR]
by arukas7 | 2016-11-14 05:58 | 飛行機 | Comments(0)

電動とエンジンのアルカスE.A.C.モノプレーン

a0141004_21074974.jpg

明日は11月3日(木)文化の日 です。
晴れの得意日と言われてきましたが、寒くてつらい一日になりそうです。
EACモノプレーンを電動とエンジンで2機製作してテストフライト中ですが
いつも強風で満足のフライトはできていません。

1910年初めのフライングマシンの操縦はライト兄弟機に倣って翼をワイヤーで
引っ張り撓める方式が主流でエルロン方式の機体はほとんどなかった。

アントアネットⅣやアブロ三葉機の初期のものでエルロン装備の機体が少数あったが
後継機は撓み翼に戻っている。

アンリ・ファルマンⅢ型がエルロン式だが地上では、だらんと下がっている。
飛行中は風圧で水平になりワイヤーで下方に引っ張り主翼の揚力を変えて
横軸方向の操縦をする。エルロンは上には上がらず
下方にだけ下がるという代物で操縦性は撓み翼より悪かったにもかかわらず
E.A.C.モノプレーンはエルロン方式を果敢に採用している。
真似るが勝ちの時代にな~んでだろう?
これが今回、電動とエンジンの2機のE.A.C.モノプレーンを作ってみる動機となりました。

明日の予報も強風のようです。

アルカス・大橋

























[PR]
by arukas7 | 2016-11-02 21:11 | 飛行機 | Comments(0)

E.A.C.モノプレーン2号機初飛行

a0141004_17255242.jpg

昨日(10月23日)日曜日 天気予報は北東の風4m 曇り
ナリタMRCへ出かけたが終日晴れに恵まれましたが北の風が強く寒かった。
夏の猛暑でオーバーヒートに悩まされたガソリンエンジンFG-14 今度は快調です。
風はかなり強い横風で初飛行するのを躊躇したが思い切って利根川へ向かってスタート
ニューポール11でエンストして川へ墜落の悪夢がよぎったが
今回はエンジン好調で安定に飛行して無事帰還、ホッとしました。

アルカスおおはし

































[PR]
by arukas7 | 2016-10-24 21:00 | 飛行機 | Comments(0)

航空黎明期のモノプレーン

a0141004_09440142.jpg

a0141004_09440814.jpg

10月に入り、ようやく秋らしい晴天が続くようになりました。
E.A.C.モノプレーン 2号機製作中です。
第一次大戦以前に登場したあまり知られていないが調べてみると
結構、多数の類似の飛行機が作られていたようです。
ブレリオの海峡横断により大空への夢が一気に膨らんだ熱気が感じられます。
ヨーロッパ各国で開催されたエアレースに参加してアピールしていたので
機体はすべてエアレーサーです。
The-Air-Racer誌に三面図付きで紹介されています。
調べてみると黎明期の飛行機野郎の夢がいっぱいで大変面白いです。
そして機体は皆類似しています。真似るが勝ちが面白いです。

アルカス・おおはし































[PR]
by arukas7 | 2016-10-21 09:48 | 飛行機 | Comments(0)