電動烈風60 VS アルカス工廠製スピット

a0141004_14191462.jpg

RCAW誌にH社ARF電動烈風60の紹介記事がでていました。
全幅1460mm 全長1150mm 翼面積36d㎡ 重量3160g翼面荷重88g/d㎡HP Z4035-10
電池 3S 3700mAh×2個リポ搭載 APC14x7E 993.9W

当方のスピット
全幅1600mm 全長1295mm 翼面積44d㎡ 重量3250g 翼面荷重74g/d㎡ 
電池 16C 3700mAh NiMH APC12x6E 923W 

スピットのほうが、ややサイズが大きいが重量は重いNiMH搭載にもかかわらず+100g程度、
翼面荷重は大幅に軽い!機体を軽量に作った成果ですね。
電池の値段は1/4!快速充電その上安全という事が解りました。

オオハシ

[PR]
by arukas7 | 2006-03-02 14:18 | 飛行機 | Comments(0)
<< スピットフアイヤー迷彩塗装 白の副輪の作り方の手法 >>