利根川MRC秋の飛行会 1/8ニューポール28

a0141004_10341277.jpg

a0141004_103501.jpg

10月2日利根川MRC秋の飛行会は、かなりの風でしたが、夕刻は穏やかになり、
1/8ニューポール28にハイマックス3516-1130を搭載した電動機のテストフライトをしました。
HC3516-1130,3S 2000Lipo
APC10×5E:10.7v,32.3A,350W,10,380rpm
APC9×4.5E:10.61v,24.3A,260W,11,130rpmでパワフルに飛びました。
APC10×5E:10.7v,32.3Aは使用した3S 2000LipoのMAX電流を少しオーバーですが、
許容できる範囲と思います。
プロペラをAPC9×4.5Eにすると、24.3A,260W
これでも充分パワフルに約5~6分間の飛行が出来ました。
初めて使用するモーターの選定は難しいですね。
HC3516-1130はどちらかというとハイスピードで飛ぶ機体に向いていると感じました。
10~11インチプロペラでゆったりと飛ぶ複葉機にはHC3516-0840の方が
マッチングがよさそうと感じました。

オオハシ

[PR]
by arukas7 | 2005-10-05 10:33 | 飛行機 | Comments(0)
<< 電動ニューポール28 ジャンボ... ミス・ニューオリンズの原型 >>