多数作ったニューポール11&17

a0141004_9335398.jpg

a0141004_93454.jpg

今日(7/26)もはっきりしない天気です。
ヒコーキ飛ばしに行く予定で昨夜は準備して寝ました。
寝起きは絶不調です。寒くて肘周辺が痛みます。
長袖シャツを着て朝食後 パソコンに向かいキーを1本指でたたいて操作しているうちに
暑くなり半袖シャツに着替えて、花が終わった老シクラメンの水やり。これが大変デリケート
やり過ぎるともたれて腐り、不足するとグンニャリしおれて駄目になる・・・
ポイ捨てして今年の冬にまた買えばよい・・・捨てるのか?
花をいっぱい咲かせ終わった老兵アルカスに似ている。捨てるわけにもいかない・・・
ハイポネックスを少量加えた水を絶妙の水加減でやる。。。 

オーバーヒートに苦しむ模型エンジンのニードル調整と同じだにゃ~
甘くても辛くても駄目だ。難し過ぎる。
やっと調整が出来たと飛ばしたら、うへ~っ!エンスト
機体を回せず利根川に・・・それでキレタ!
4ストガソリンエンジンは耄碌(もうろく)アルカスには難し過ぎる。
扱いやすいグローエンジンでやっと飛んだ1/5ニューポール11です。

ニューポール11と17は良く似ています。
N-17はパワーアップでエンジンカウリング周りの形状と主尾翼の大きさが少し異なります。
今回作ったN-11、実はN-17のキット改造です。何故ややこしいことをしたのか?
N-11のエンジンカウリング形状が切り欠きが大きく
エンジンの冷却が楽だと思ったからです。旧型好みというのもあります。
楽ちん予想が見事外れて元気のないアルカスです。

アルポンパ・おおはし


《管理人記》

アルカス大橋さんからお嫁にいただいた家宝です。(^-^)

●ニューポール17 ここをクリック してください。












[PR]
by arukas7 | 2016-07-26 21:00 | 飛行機 | Comments(0)
<< 電動モランソルニエ N 続続々... 2016-07-24MRC >>