MIG-8退役

a0141004_5445213.jpg

アルカス・おおはしは国民学校第1期生で飛行機に憧れて育ちましたが
1945年敗戦で、その夢は絶たれてアマ無線に傾倒しました。

1954年に上京、初めてUC(ユーコン)模型エンジンの音を聞いたが
すぐには模型飛行機に戻ることは出来なかった。

10年ほどしてようやくシングルボタン打ちで再開した。
以来、細く長く今日までRC機を作って飛ばしてきました。
在庫保有機が多数となり、モノを大切にとの考えから捨てる事は困難ですが、
ためしに14年間各地で飛んで健在のMIG-8 RC機を退役させる事に決め
今日一日かかりで作業を終了した。

有難う!アルカス・MIG-8

アルカス・おおはし

[PR]
by arukas7 | 2015-05-23 05:45 | 飛行機 | Comments(0)
<< N-28水上飛行 蟻に毒味をしてもらった >>