今月の作品(2015年1月)

a0141004_15592077.jpg
a0141004_15592977.jpg
a0141004_15593825.jpg
a0141004_16001.jpg
a0141004_1601719.jpg
a0141004_16027100.jpg

第1次大戦終了後の1920年イタリアからアンサルド・ズバが
大洋を越えて日本に飛来しました。
大阪万博でも復元機が展示され現在、浜松の航空博物館にあります。
これを2012年に1/5RCスケール模型で製作、飛行してきましたが
今回、車で運搬が容易なように胴体を分割式に改造しました。
先日のテスト飛行は強風で1回だけでした。
今後の調整が楽しみです。

アルカス・おおはし

《管理人記》

●しずのまちづくり「作品展」 ここをクリック してください。

[PR]
by arukas7 | 2015-01-28 16:01 | 飛行機 | Comments(0)
<< カプロニーCa-3トラブル顛末記 続 分割式胴体アンサルドSVA >>