Arukas Fok D-8

a0141004_8424640.jpg
a0141004_8425761.jpg

最近、製作したベンバックル フオッカーD8を今日も飛ばしました。
図面が失われていたので実機三面図より1/6縮尺の図面を作り
適宜変更して作りましたが実機は翼の上反角は上面ゼロです。
それでアルカス機もそのように製作したがキット材料の中に
上反角用材料が出てきた?小型機だからやはり安定のため
上反角は必要かなと出来上がった翼を切断して若干の上反角を付けた。

プランク無しの翼は剛性不足でプランクを付け加えて製作
この為、重量は少々重めに出来上がった。
 
オーバーパワーのFA-50エンジン搭載で小型機だが手軽で元気に飛び
気に入っているが、上反角のせいか風に弱く
今日のやや強風での飛行には、う~ん
小型機のフオッカーD8は、やっぱりこんなものかと失望しています。。。

アルカス・おおはし

[PR]
by arukas7 | 2014-12-27 08:43 | 飛行機 | Comments(0)
<< 主翼支柱改修フオッカーD-Ⅷの... MRC平成26年度飛行納め会 >>