ANTOINETTE-レーサー

a0141004_15584823.jpg

a0141004_1559481.jpg

航空黎明期のアントアネット機は飛行する姿が美しく
これまでに4機のRC機を作って飛ばしました。
翼のリブが異常に多かったり円弧翼の反りも大きく、
たわみ翼で飛ばすのも決して優しくありません。

アントアネット初期型にはエルロン付きもあり。。。。
エルロン仕様のほうがRC機では製作や飛行も簡単ですが
当時はエルロンは未熟で操縦性が、たわみ翼より劣ったのだろう。
資料を眺めるうちに翼端補助翼を実用化したのは、
本機が 世界で最初 だったとか
後期のレーサーには、なんと! V16エンジン搭載もある。
翼の反りも減っている。 
世界初 大義名分が立つ!
そのうえ作り易い う~ん 次期FXはこれかなぁ。。。。

a0141004_160108.jpg


おおはし

[PR]
by arukas7 | 2013-01-19 16:02 | 飛行機 | Comments(0)
<< 3軸ジャイロテスト 初雪 >>