でかタウベ たわみ翼で飛んだ

a0141004_684168.jpg

FG-20 4サイクルガソリンエンジン搭載の1/6スケール、タウベは
運搬上の都合で支柱の少ないエルロンタイプで製作して飛ばしておりましたが
航空黎明期の飛行機は翼を、ひねって鳥のように飛ぶ、たわみ翼の方が似合いです。

折角、良く飛んでいる飛行機を駄目にするかもしれませんが勇気を出して改造しました。
重量は殆ど増加しなかったが翼面の支柱と張り線の抵抗は、かなり大きくなったが
梅雨空の利根川上空で古典機らしい、ゆったり良い飛びを見せてくれたので安心しました。

a0141004_694380.jpg

おおはし

[PR]
by arukas7 | 2011-06-30 04:13 | 飛行機 | Comments(0)
<< 六助テスト機 製作開始 六助テスト機 >>